TAG : Brakes アルバム PV 視聴 
ブライトン発、British Sea Power × Electric Soft Parade のメンバーによる
インディ・ロック・バンド Brakes (ブレイクス) が、約2年半振りとなる待望の
3rdアルバム 「Touchdown」 を日本発売しました☆
今作は、2ndシングル 『Don't Take Me to Space』 を含む、UKロック好きには
たまらないハード・ドライビン・ギターサウンド満載な楽曲が、12曲収録。
さらにエンハンスドCD仕様でPV3曲と、ライブ音源などが15曲も収録された
お得盤となっています!

1stシングル 『Hey Hey』 は、ロックとポップの切り替えが上手いキラーナンバー♪
ギターリフとか歪みとかシンプルなアレンジなのに、王道を行くそのカッコよさが
たまらなく癖になりますw

 

信じられないくらいにキュートポップにハジける 『Worry About It Later』
ゆるいアコースティックな空間から、一気にロックンロールな空間へと変貌する
『Why Tell the Truth』、同じフレーズを徐々に変化させることで飽きを感じさせない
気だるいロックナンバー 『Crush On You』 と、他にも 『Ancient Mysteries』
『Leaving England』 など、バラエティ溢れたナンバーが盛りだくさんで楽しめますよ♪
これはほんと、いいものみっけた状態になること間違いなしですw

日本盤:ボーナストラック15曲収録、エンハスド仕様PV3曲収録


 Brakes Brakes
Touchdown
Brakes

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2009/12/16)  輸入盤
フル視聴 全曲試聴 MySpace
Imperial Records International
Amazonで詳しく見る

洋楽 : A - G | 2009/12/28 02:33 | CM : 0 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        
UK音楽専門誌NMEの、今年最も期待される新人に送る 「NME RADAR賞」 を受賞
した2人組、エレクトロ・ロックユニット The Big Pink (ザ・ビッグ・ピンク) が、デビュー
アルバム 「A Brief History of Love」 を発売しました。
本作は、セルフプロデュースに Rich Costey (Muse、My Chemical Romanceなど)
をミキサーに迎え、シングル 『Velvet』 やボーナストラックを含む全14曲が収録。

デビューシングル 『Too Young To Love』 は、日本のクラブでも大ヒットしただけ
あって、サイケでエレクトロな重厚サウンドにゆったりと踊らされるナンバーと
なっていますw また、浮遊感ある歌が心地よく。。
ほんと、中毒性ありますね。。

 

『Dominos』 この曲も、繰り返されるサビにプラスされるシンセが重く迫ってきて
その何ともいえない重圧が、癖になるというか。。笑
UKらしいリズムと独特な空間に魅了される 『At War With The Sun』、女性ボーカル
との絡みが、より美しさある映像を映し出すタイトル曲 『A Brief History Of Love』
いきなりのノイズに終始、感覚がやられてしまう 『Countbackwards From Ten』 など
どの曲にも、酔わされる感ありでやばいです。。
ちなみに、PVに出演してる女性とかドラマーとかボーカルとか、、Akiko Matsuura
になるのかな? すごいですね☆ ※詳細ブログ 

日本盤:ボーナストラック3曲収録、歌詞/対訳/ライナーノーツ付


 The Big Pink The Big Pink
A Brief History of Love
The Big Pink

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2009/10/14)  輸入盤 wiki
フル視聴 フル試聴 全曲試聴
Beggars Japan
Amazonで詳しく見る

洋楽 : A - G | 2009/10/18 00:30 | CM : 2 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        
前作 「Favourite Worst Nightmare」 から、2年4ヶ月振りとなる全世界待望の
3rdアルバム 「Humbug」 が、日本先行発売されます☆
今作は、共同プロデュースしたクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョッシュ
オムが 「実験的でバンドがおかしくなり成長した作品」 と言ったり、もう1人の
プロデューサーのジェイムスフォードも 「ちょっとしたショックを受けるかもしれない」
と言ったりと、明らかに今までとは違う空気を感じとることが出来るアルバムと
なっています!

確かに、『Brianstorm』 みたいなハイテンションな曲がないのが残念かなぁ。
でも、いい意味で成長したというか、大人になったというか。
全体的に、歌声が低くて渋いですもんw
これは、今までのアークティックと比べるべきではないです!
リード曲 『Crying Lightning』 なんてほんと、アダルトな危険性を含んだ
音で攻め込んでるので、聴き始めは妖しげなだけで物足りないという印象しか
残らないけど、聴き込むとそれが心地よくなってくるから不思議だ。
今では、一音一音がやばいくらいに聴こえるしw

 

ギターに酔わされる。。笑
これは、他の曲も聴き込むことをおすすめします☆
『Potion Approaching』 は変わらずカッコいいですが、後半の展開がまたw
レビューは、MTV BLOG を参考にしてみて下さい!!
日本盤:ボーナストラック2曲収録、歌詞対訳、ライナーノーツ付


 Arctic Monkeys Arctic Monkeys
Humbug (ハムバグ)
Arctic Monkeys

オフィシャルサイト レーベルサイト 情報
(2009/08/19)  輸入盤 インタビュー
フル視聴 フル試聴 imeem 全曲試聴
DOMINO / HOSTESS
Amazonで詳しく見る

洋楽 : A - G | 2009/08/18 23:59 | CM : 0 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        
YELLOWCARD や Fall Out Boy ら、今やアメリカを代表する EMO / PUNK
バンドを輩出した、最も熱く勢いのあるインディー・レーベル Fueled By Ramen が
今年大プッシュする、バージニア州出身の4人組バンド Friday Night Boys
(フライデー・ナイト・ボーイズ) のデビューアルバム 「Off the Deep End」
リリースされました☆
前作は、FBR傘下の Photo Finish から 「that's what she said」 をリリースし
STMで爆発的なセールスを記録しただけあって、今作も期待を裏切らない
ポップでエモーショナルなアルバムとなっています!

Andrew (ex.My Favorite Highway) の切なく物悲しげな低声と、突き抜けた
透明感ある高声との両刀遣いは、誰でもやられますって☆
キャッチーな失恋ソング 『Permanent Heartbreak』 も、ひねりあるサビと囁き
スパイスが美味しい 『Stuttering』 も、聴いた後の満足度はバツグンですw

 

『She's Finding Me Out』『Can't Take That Away』 も、どこか愛おしさ感じる
美しいバラードナンバーとなっているので、聴きがいがありますよ♪
『Sorry I Stole Your Gurl』 みたいに、実験的なエレクトロナンバーも
あったりするので、これからのFNBにも注目です☆


 The Friday Night Boys
Off the Deep End
The Friday Night Boys

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2009/06/09)
フル試聴  全曲試聴 歌詞
Fueled By Ramen
Amazonで詳しく見る

洋楽 : A - G | 2009/06/17 23:45 | CM : 6 | TB : 1 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        
マンチェスター出身の5人組ロックバンド Elbow が、前作 「Leaders of the Free
World」
から、約3年振りとなる待望の4thアルバム 「The Seldom Seen Kid」
日本盤を発売しました☆
今作は全英チャート初登場5位というバンド史上最高位を記録したり、The Mercury
Music Prize や BRIT Awards で受賞したりと、18年にも及ぶ活動の集大成が
ギュッと詰め込まれた、最高傑作となっています!

たまには洋楽をと思い、GyaOにて視聴したところ、、、『Grounds for Divorce』
渋いながらもどこか色気のあるボーカルに、心がくすぐられてしまいw笑
味わい深く熱いサウンドも貫禄ある切なげなメロも、全てがカッコよくてww
年を重ねた旨みプラス、今の流行のスパイスが取り入れられたこの楽曲は
ほんと、何回聴いても飽きない感じだ★

 

パーカッションやピアノなどの柔らかなサウンドの中に、いきなり入る管楽器が
癖になる 『Starlings』、伸びやかで心地よい歌とストリングスが、後半にはテンポ
よく移り変わり、コーラスとの掛け合いでさらに魅力を増す 『One Day Like This』
心の隙間にスゥっと入ってくる 『Friend of Ours』 は、優しく包まれながらも
強いメッセージを残してくるので、感動的★
『Some Riot』 も、なんとも言えない空間に意識が飛ばされそうになるし(>_<)
このアルバムはほんと、壮麗で夢幻な世界へと誘われる作品に仕上がって
いるので、おすすめですよ!!

日本盤:ボーナス・トラック3曲収録


 Elbow Elbow
The Seldom Seen Kid
Elbow (エルボー)

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2009/06/03)  輸入盤
フル視聴 全曲試聴 MySpace
ユニバーサル・インターナショナル
Amazonで詳しく見る

洋楽 : A - G | 2009/06/08 01:26 | CM : 0 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        

ドクターシーラボ