TAG : Klaxons アルバム PV 視聴 
デビューアルバム 「Myths Of The Near Future」 が、イギリスで最も権威ある
ミュージックアワード Mercury Prize を受賞した Klaxons が、3年振りとなる
待望の2ndアルバム 「Surfing the Void」 を発売しました☆
今作は、2007年秋から制作に取り掛かり2009年初めには完成しつつあったものの
レーベルから実験的過ぎるとの理由で、レコーディングし直すよう求められた為
新プロデューサーに、コーンやリンプ・ビズキットを手掛けたロス・ロビンソンを
迎えて制作された、思い入れのあるアルバムとなっています!

やはり全体的に落ち着いているものの、先行シングル 『Echoes』 の美しく繊細な
サウンドの中に、本来持つ彼らのニューレイヴな世界観が徐々に折り重なっていく
過程がまた聴きがいあって、素晴らしかったです♪
なんだか神に祈りを捧げている様に感じ、それによって次の域へレベルアップした
様にも感じましたw

 

しかしながら、これぞ Klaxons だと思わせるダンサブルな 『Flashover』
ヘヴィでダークな色で塗り潰した、神に反する魔的な世界でヤバすぎーー(>_<)
実験的な要素もしっかりと入ってるので、この曲があるだけでアルバムを買っちゃう
ぐらいの、中毒性あるドラッグナンバーだと思います!
後半の爆発的狂気に覚醒される 『Surfing The Void』、ビートの刻み方やギターが
サイケな 『Extra Astronomical』 も良かったですよ!!

国内盤:ボーナストラック3曲収録、初回生産限定価格


 Klaxons
Surfing the Void
Klaxons (クラクソンズ)

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2010/08/25)  輸入盤
フル視聴 フル試聴 MySpace 全曲試聴
ユニバーサルインターナショナル
Amazonで詳しく見る

洋楽 : H - N | 2010/08/30 00:51 | CM : 0 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        
TAG : MELODYFALL アルバム PV 視聴 
イタリア出身の若き4人組パンクバンド MELODY FALL (メロディ・フォール)が
前作アルバム 「Consider Us Gone」 から約3年振りとなる、待望の2ndアルバム
「Into The Flesh」 を発売しました☆

1曲目 『Welcome to』 美しいピアノのイントロに完全に心持ってかれ、さらに
ゆったりとしたストリングスっぽい音と鼓動打つドラムに、さらにさらにそこから
轟音ギターが入り、切れ目なしで一気にパンクモード 『HolyWood』 へと突入!
ハイトーンボイスなので、一瞬ボーカル女性だっけ?と間違いそうになりますがw笑
それくらいセクシーだったり、アブリルっぽいキャッチーさがあったりとします♪
でも、途中でデスボイスやカッコいいギターが聴けたり、かと思えば、また1曲目の
様な美しさへと戻り、徐々に不思議世界へと連れて行かれるというww
聴けば分かります☆ 彼らの魅力が、この一曲で分かります★
『I'm not』 も、色んな要素が混じり合って作られてて楽しめますよ!
うわ、、マイケミの様な世界観まで入ってるし、いいぃ!!笑
『Apricot marmalade(Fallin') 』 は、どこにでもありそうな感じなのに微妙に
リズム変えたりラップを入れたりと一味違った仕上がりで面白いし、『Revolution』
ロックとエレクトロのミックスで、ツインボーカルにまで影響してやり合うところがまたw
『Frankies Dead +』 ハイスピードパンクなナンバーで、変化球ありまくりな
コーラス隊入りのこのエモ曲も、新感覚行ってます!!!
エモポップかもですが、、今のパンクキッズに自信をもっておすすめします!笑
前作スプリットアルバム 「Hybrid」 では、エルレの 『Niji』 をカバーしてたりするので
気になる人は、要チェックw


 Melody Fall
Into The Flesh
MELODY FALL

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2010/03/03)
フル視聴 全曲試聴 MySpace
RADTONE MUSIC
Amazonで詳しく見る

洋楽 : H - N | 2010/03/14 02:03 | CM : 0 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        
EMI に電撃移籍した、セスター兄弟を中心とするオーストラリア出身の4人組
ロックバンド JET が、前作 「Shine On」 から約3年振りとなる3rdアルバム
「Shaka Rock」 を、日本先行発売しました☆
ほぼセルフプロデュースで取り組んだ今作は、最高に突き抜けたロックンロール
ナンバーが、ギュッと詰め込まれた強力なアルバムとなっていますw

 

カッコいいイントロリフから始まり、キャッチーなサビへと続く 『She's a Genius』
もいいけど、頭の中に残る要素たっぷりな 『K.I.A.』 の方が好きかな♪
子供のK.I.A.シャウトとハンドクラップっぽい高速パーカス、そして3次元ギター
などのサウンドが、ドラマチックな空間を切り裂いていきますw
さすがに、このPVは強烈で貼れませんが。。
他には、テンポよく攻めまくりながらもお茶目感たっぷりな 『La Di Da』
後半の展開が面白いミディアムロックチューンの 『Walk』、間の取り方が最高な
『Times Like This』、新感覚なショーを魅せてくれるロックンロールナンバー
『Start The Show』 と、予想以上に面白かったです!!
日本盤:ボーナストラック2曲収録、戦略価格、初回特典付


 Jet JET
Shaka Rock
JET (ジェット)

オフィシャルサイト レーベルサイト 情報
(2009/08/19)  輸入盤 インタビュー
フル視聴 全曲フル試聴 ※8/22まで
EMIミュージックジャパン
Amazonで詳しく見る

洋楽 : H - N | 2009/08/20 23:59 | CM : 0 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        
M.I.A.などのプロデュースで知られる DIPLO と SWITCH が、先鋭的ダンスホール
レゲエユニット MAJOR LAZER (メジャー・レイザー) を結成し、デビューアルバム
「Guns Don't Kill People Lazors Do」 を発売しました☆
本場ジャマイカの Tuff Gong Studios でレコーディングを行った本作は、ふたりによる
ゴキゲンなナンバーをたっぷり収録した、全クラブ・ミュージック・リスナー必聴盤と
なっています!

リード曲 『Hold The Line feat.Mr.Lex & Santigold』 は、荒野を様々なサンプリング
と共に駆け抜ける、クールでホットなナンバー♪
バイブレーションがバツグンに効いてて、面白いですw笑
聴けば聴くほど、細かなネタの重要性に関心させられてしまうというww

 

他にも、まるでコントを見てるかのようなタイミングで、次から次へとネタが飛び交う
『Mary Jane feat.Mr.Evil & Mapei』、ソカリズムと男女それぞれのバツグンな歌もの
ミックスが最高に良すぎな 『Keep It Goin’ Louder feat.Nina Sky & Ricky Blaze』
これがまた、最後まで抜け目ない!
『Pon de Floor feat.VYBZ Kartel 』 もまた(>_<) 聴けば分かる!笑
楽しすぎーーーーー☆ すごいセンス★
『Baby feat.Prince Zimboo 』 脱帽ですよ、みんなきっと。
ベイビーの泣き声を、こんな風に操れるとは!!
『Jump Up feat.Leftside & Supahype』 もシンプルな仕上がりなのに、確実に
彼らの世界で、ジャンプアップ!イエェーーーーー!!ってなりますよww
レーベルマイスペで現在フル試聴出来るので、ぜひ聴いて楽しんでって下さいー^^
日本盤:ボーナストラック3曲収録


 Major Lazer
Guns Don't Kill People... Lazers Do
Major Lazer

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2009/06/24)  輸入盤
フル視聴 全曲試聴
ホステス・エンタテインメント
Amazonで詳しく見る

洋楽 : H - N | 2009/07/01 23:29 | CM : 0 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        
05年にハリウッドで結成された、謎の6人組覆面ユニット Hollywood Undead の
デビューアルバム 「Swan Songs」 が、遂に日本発売されました☆
MySpace が立ち上がるや否や、1日4000件を超える試聴がされるなど
爆発的な話題を集めた彼ら。

現在、トータル1億万回の試聴とフレンド数52万人という驚異的な数字を更新中!
すごすぎます!! 何もかも!!!
『Undead』 のギターフレーズは、Ozzy Osbourne の 『Crazy Train』 のギターを
サンプリングしたもので、その上を仮面を付けたメンバーがシャウト☆
嫌でもテンション上がりますってw

 

おまけにPVでは物を壊しまくり、その破壊力は曲と共にエスカレート!
ストレスが溜まっている人は、ぜひチェックをww
『No.5』 はヒーリング系ボーカルがまた、違った感じでストレス解消になったり
『City』 でもストーリー性あるラップバトルに、時折絡まる歌がやぶぁくて(>_<)
伝説的な深みあるサウンドも、素晴らしいです♪
『Young』 も同じく、、、最後なんて壮大なコーラスが入りますからねぇ。
これは、聴きがいのあるアルバムとなってます☆

日本盤:ボーナストラック2曲収録、オリジナル・ジャケット
日本限定スペシャル・サイトへのアクセス権


 Hollywood Undead Hollywood Undead
Swan Songs
Hollywood Undead (ハリウッド・アンデッド)

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2009/05/06)  輸入盤
フル視聴 フル試聴 全曲試聴
ユニバーサルインターナショナル
Amazonで詳しく見る

洋楽 : H - N | 2009/05/08 00:14 | CM : 0 | TB : 0 |
     blogram投票ボタン ← このランキング、おもしろいですよ!        

ドクターシーラボ